MENU

歯科衛生士の資格を持っています。

"私は歯科衛生士という国家資格を持っています。
この資格を取ろうと思ったきっかけは、歯の矯正を始めたことでした。
子どもの頃、歯並びが悪くて親に大学病院に連れて行かれ歯の矯正を初めたのですが、私は歯医者が大嫌いでした。
歯磨きの重要性があまり分かっておらず、しっかり歯磨きを行っていなかったため虫歯も沢山ありました。
虫歯が出来る度に歯医者に連れて行かれ、無愛想な先生に黙々と治療されて、怖いし痛いというイメージしかありませんでした。
でも大学病院はなんだか様子が違っていました。
院内は明るくて広くて綺麗だし、先生は分かり易い言葉で詳しく説明してくれるし、歯科衛生士さんは私の緊張を優しい声かけと笑顔で解してくれました。
歯の矯正は、骨に埋まっている歯を移動させるため虫歯とは違った痛みがあり、何度も辞めたいと思いましたが、歯科衛生士さんのアドバイスと、綺麗になった歯を思い浮かべて頑張って続けることが出来ました。
大学病院に通い始めてから、歯の大切さを教えてもらい、ここで働いて自分がそうしてもらったように歯医者が嫌いな子ども達に歯医者を好きになってもらったり、歯の大切さを理解してもらいたいと思うようになりました。
そして、高校卒業後に歯科衛生士の専門学校に通い、歯科衛生士免許を取得し、通っていた大学病院に就職する夢が叶ったのです。
歯科衛生士という仕事は歯科助手と混同されることが多いですが、これからも私達にしか出来ない仕事を責任と自覚を持って患者さんの為に努力していきたいです。"

その他の管理サイト一覧