MENU

教育方法を変えなければ英語で喋れるようにはならないのでは?

"私はこのままの英語教育では、子供達は英語がずっと喋れないままで終わってしまうのではないかと思います。
少なくとも、義務教育期間の教科書に則った勉強では、文法や単語などは別として、英語を聞き取る耳や発音はいつまで経っても身につかないと思います。
ネイティブでない先生が教科書を読んで発音しても全く無意味だと思いますし、そもそも子供の言語に関しての耳は幼少期に一番形成されます。
それに、日本の英語教育では文法に重きを置いていますが、実際私達が普段喋っている日本語はそもそも文法上間違っている事も多々ありますし、英語だって同じです。ですから重きを置くのは文法ではなく会話力だと思います。
そして、耳が鍛えられる幼少期に英語を勉強しても、最近テレビなどで見かけるフラッシュカードなどでは単語を覚える事は出来ても、文章でその単語を使って話せるようにはならないか、話せるようになるには別の訓練が必要になるのではないかと考えます。
私が考える英語教育は、出来れば幼少期から英語のシャワーを浴びせてあげる事だと思います。日本人の子供達は親から特別に日本語を教えられなくても、日々の生活で日本語のシャワーを浴びて日本語が喋れるようになります。それと同じで、英語も日常生活の中でネイティブの英語のシャワーを浴びせてあげればよいと思います。そしてだんだんと英語のキャッチボールができるようになって、間違った発音などを直してもらいながら身につけていけばいいのです。
"

その他の管理サイト一覧