MENU

勉強としてガチガチにし過ぎてる。

"学校の教育としての英語っていうのはホントに、勉強で言語として認識させる気が全くなかったように思います。
 言語だから日本語を自然と覚えてきたように、その言語を使う環境さえ作ってあれば自然と覚えて話せるように
なるのだと思います。
それを頭ごなしに授業という形で無理やりにやらされるから嫌いになったり、日本語が出来るからしなくてもよい。
というような考えになってしまいます。
 実際、社会に出てから英語に触れない日は無いというくらい英語は出てきており日常生活にも入り込んでいます。
学校で習っていたころより、はるかに今の方が出来るようになっているのではないかと思います。
 日本の英語教育は文法のようなところにこだわり過ぎていて、腰が引けてしまいます。日本語の文法でさえしっかり理解できているかわからない中で、他の言語の文法を理解するというのも大変な作業です。
 学校として必要なのは、教育的な勉強よりも通常の会話が可能になるような環境作りだと思います。"

その他の管理サイト一覧