MENU

英語の3本柱と英語教材選び

英語を使いこなせるようになるには、どんなスキルが必要でしょうか?英語の三本柱と言えるのは、「読み書き」「聞く」「話す」です。本当に英語を使いたいのなら、このどれが欠けても使いこなすことはできないでしょう。
ですから、英語教材を選ぶ点で、この三つのうちのどこを特に強化したいのか、という点を見極めることは大事です。

例えば、日本人に多く見受けられるのは「学校でまじめに勉強していたのに英語は話せない」というタイプです。文法も頭に入っているし、読み書きはできるのに、いざ英会話となると英語が出てこないのです。

英語を日本語で理解していて、英語で物事を考える回路が脳にできていない事が考えられます。そういった人なら、文法の講釈はもう必要ないでしょう。むしろ、「話す」訓練、英語を瞬間的に口から出す訓練をしてくれる教材が必要です。

また、話せるのに、ネイティブの話していることは理解できない・・・という人も少なくありません。英語を理解でき、スピーキングの能力はあるのに、英語のニュースや映画のセリフなどはまったく聞きとれないのです。こういった人なら、とにかく英語を聞き取る耳を作って「聞く」訓練をしてくれる教材を選ぶ必要があるでしょう。

また、文法も知らないし、聞き取りも会話も全然ダメ、というひとであれば、基礎をおろそかにせず、「読み書き」「聞く」「話す」を全体的にカバーしている初歩的な教材から始めるべきでしょう。まずは文法・単語力を高める事です。

とはいっても、必ずしも文法を詳しく解説したものであるべきというわけではありません。少なくとも、文法的な部分を無視していないと分かる教材を選ぶように心がけましょう。

その他の管理サイト一覧