MENU

子どもの英語学習

英語の学習を始めるのに早すぎるということはありません。人間の言語学習能力は1歳、また1歳と年を重ねるごとに、確実に落ちてゆくからです。

特に2,3歳までの子どもは、耳や目から入ってくる情報を柔軟に吸収し、どんどん記憶に収めていきます。さらにその過程で、言語を理解したり話したりするための回路が脳の中に形成されていくのです。子どもが特に努力もしていないのに母国語を習得できるのはこのためです。

ですから、子どもに英語を話せるようになってほしいと思うのなら、生まれた時からすぐに学習できる環境を作っておくことがベストだと言えるでしょう。英語を聞き取る能力、発音のコツ、文法構造など、子どものときには特に机に向かって勉強しなくても身につける能力があるのです。この時に身に付けた英語力は一生ものになるでしょう。

幼児は遊びを通して多くを学びます。歌ったり、ダンスをしたり、落書きをしたり・・・体中を使いながら英語を学ぶような教材があれば、子どもは自然と英語脳を作り上げていくでしょう。

さらに、子どもはお父さん、お母さんのやっていることを何でもまねしようとします。「親が英語なんて苦手!」オーラを出していれば、子どもも手を出さなくなる可能性が大きいと言えるでしょう。

一緒に楽しむ事はとても大事です。また、義務だったり、決まり事のようにして英語を教え込もうとする事も、子どもを英語から離れさせてしまう原因になりかねません。

強制しようとせず、自然に、リラックスして自分から英語に親しめるような教材は欠かせません。

その他の管理サイト一覧

人材派遣会社に掛け持ちで登録するならhttp://let-age.jp/を見るとよく分かります。