MENU

日本人の英語学習は読み書き偏重

" 日本の英語教育は、戦後から今日に至るまでの長い間、残念ながらあまり進歩していません。なぜなら、基本的に学校での英語教育は、読み書きにばかり重点を置いているからです。ですから、肝心の英語を聞いて話す会話の時間になると、全然ダメになってしまう傾向があるのです。
 こうした現状に対して、国も問題意識はあるようであり、幾つかの対策を打ち出してはいます。たとえば小学校から早々と英語教育を実施したり、ネイティブ・スピーカーの教師を増やしたり、といった具合です。
 しかし、それは英語教育の特効薬にはならないようです。たとえ小学生から外国人教師によって英語を教えたとしても、それでもなお、日本の英語は読み書き偏重の域から脱してはいないと思われます。
 結局、本気で英語が話せるようになりたければ、留学をしたり、専門の英会話学習塾へ通うなり、もはや自分で何とかするしかありません。学校教育だけで英語が話せるようになれるとは、到底思えません。"

その他の管理サイト一覧