MENU

英語教育について

"日本は海外諸国と比較すると、英語教育が遅れていると思います。
企業においては、昇格するにもTOECEテストが何点以上と基準を設けだしたりして、
国際社会に対応しようとしていますが、大人になってからではなかなか難しいものです。
日本での英語教育は中学校からですが、それでは遅すぎるのではないでしょうか?
親の海外赴任などで、幼少期に海外に行った子供は、
子供同士遊んでいるうちに、自然と英語をしゃべることができるようになってしまいます。
現在、英語が得意な人の多くは、幼少期に海外で過ごした帰国子女たちです。
これは、幼少期の柔軟性のあるうちに、英語を習い始めた方が良いということを物語っています。
一部の教育熱心な親たちは、幼少期から英語教材を買い与えたり、英会話スクールに入れたりして
英才教育に励んでいますね。
いっそのこと、すべての日本国民が幼稚園から、せめて小学生から英語を学ぶべきではないでしょうか?
いずれにせよ、少しでも早い時期に英語教育に取り組むべきだと思います。"

その他の管理サイト一覧